若々しさとイキイキを応援するセサミン
ランキングや口コミ情報で賢く選ぼう!
当サイトでは選び方を徹底解説

セサミンと活性酸素の関係

活性酸素は、エネルギーが作り出される際に酸素の一部が変化したもので、細菌類を除去する働きがあります。
しかし、激しい運動やストレス等により活性酸素が増えすぎると、正常な細胞も攻撃して、傷つけてしまいます。
それにより肌の老化や生活習慣病、ガンが引き起されるのです。
ですから、活性酸素を除去したり、酸化から守ってくれたりする抗酸化成分を積極的に摂る必要があります。

ごまの希少成分であるセサミンにも抗酸化作用があり、増えすぎた活性酸素を除去してくれます。
セサミンは、腸から吸収され、肝臓まで届くのが特徴です。
肝臓は様々な物質の合成や分解に関わる臓器で、酸素をたくさん必要とするので、活性酸素も多く生成されます。
抗酸化作用があるのは、他にもビタミンC、E、亜鉛等がありますが、血中の活性酸素を除去したり、細胞を酸化から守ってくれたりするだけです。
肝臓まで届いて働く抗酸化成分はセサミンだけといわれており、とても貴重な物質であるといえます。
肝臓には活性酸素を分解する酵素もありますが、あまりに多いと処理しきれなくなります。

セサミンには余分な活性酸素を減らしてくれる働きがあるものの、セサミンを摂っただけで老化がすぐに止まる、病気が治癒するという事はありません。
まずは適度な運動をする、アルコールを控える等、活性酸素を多く発生させない努力も必要です。
その上でセサミンを継続的に摂取すれば、健康を維持する事が出来るでしょう。

トップに戻る