肝臓

セサミン アンチエイジング

いつまでも若々しくありたいという女性の間で話題のアンチエイジングですが、セサミンにもその効果があることをご存知ですか。
セサミンといえば肝臓に働きかけ元気を与えてくれる成分として人気となっています。
そのセサミンの一番の効果が強い抗酸化作用なのです。

アンチエイジングは加齢による老化の進行を予防することで、老化の原因となっているのが活性酸素です。
体の中では酸素を使って活動しているため活性酸素が発生します。
その他にも紫外線やストレス、喫煙、乱れた生活習慣や食生活などによっても活性酸素が増えてしまいます。

活性酸素は外から侵入するウィルスや細菌を撃退する働きをしていますが、体の中に増えすぎると健康な細胞にも攻撃をはじめ細胞を酸化させ老化の原因となります。
そこで活躍してくれるのがセサミンの強い抗酸化作用です。

セサミンの抗酸化作用は肝臓の活性酸素を除去し酸化を防ぐことで肝臓機能を活発にしてくれます。
それによって悪玉コレステロールを減少させ、脂質代謝が活発になることで生活習慣病を予防し細胞の老化を防いでくれるのです。

またセサミンはビタミンEと一緒に摂ることで相乗効果を発揮します
活性酸素によって体内の脂質が酸化すると老化の原因となる過酸化脂質になります。
ビタミンEは脂質が酸化するのを防ぐ効果があり、セサミンと一緒に摂ることで効率よく効果を発揮することができるのです。