肝臓

セサミンと肝臓の関係

セサミンは抗酸化作用がありアンチエイジングや疲労回復などの効果で知られていますが、その効果は肝臓と大きく関係していることをご存知ですか。
肝臓は身体の中に入ってきた栄養素からエネルギーを作り出し、毒素や有害物質を分解して排出するという働きをしています。
常に働き続けている肝臓は活性酸素が多く発生しやすい臓器なのです。
活性酸素が増えすぎると細胞を酸化させるため肝臓機能の低下や老化の原因となります。

肝臓は活性酸素を除去する酵素を作り出しますが20代後半からその力は減少を始めます。
そのうえ乱れた生活習慣や偏った食生活、ストレスや喫煙といった影響によって肝臓の機能が低下すると、酵素を作り出す力がさらに不足してしまいます。
また肝臓はアルコールを分解する働きもしているため、飲酒によってオーバーワークとなりさらに肝臓の働きが弱くなってしまいます。
そんな弱った肝臓機能の回復を助けてくれるのがセサミンです。

セサミンの強い抗酸化作用http://mobiflex.me/anntieijinngu.htmlが増えすぎた活性酸素を除去して、肝臓の働きが回復するのを助けてくれるのです。
さらにセサミンの抗酸化物質は脂溶性のため血液で溶けずに肝臓まで届いてから効果を発揮してくれます。
肝臓に直接働きかけてくれるセサミンの効果で、疲れにくく若々しい体を手に入れることができるのです。