肝臓

ポリフェノールとの関係

ポリフェノールと言えば赤ワインやチョコレートがよく知られていますが、その他にも多くの種類がありセサミンもその一つです。
ポリフェノールの種類によって効果に違いはありますが、殺菌作用や血中コレステロールの低下、高血圧予防、アンチエイジングなど多くの健康効果があります
ポリフェノールの一番の効果は抗酸化作用で、活性酸素の影響を受けやすい細胞膜や血管の酸化を防いでくれます。
それによって丈夫な血管を作り、血液をサラサラにすることで動脈硬化などの生活習慣病を予防する効果があります。

セサミンは他のポリフェノールと違い血液で溶けずに肝臓まで届いて効果を発揮できるという特徴を持っています。
肝臓は合成や解毒、排出といった働きをしているため活性酸素が発生しやすく攻撃を受けやすい場所でもあります。
セサミンは肝臓の活性酸素を除去http://ohpreble.ohgenweb.net/plands.htmすることで酸化を防いでくれます。

ポリフェノールは美容効果としても知られているように肌の老化も防いでくれます。
外出時の紫外線はシミやそばかすの原因となります。
しかし日焼け止めや日傘などでは完全に防ぐことができないのが紫外線です。
セサミンの抗酸化作用は紫外線で作られる抗酸化物質を減らすことで肌の老化も防いでくれます。