肝臓

セサミンとウコン

二日酔いを防ぐ効果があることで知られているセサミンとウコンですが、どのような効果があるのでしょうか。
セサミンはごまに含まれる成分で、強い抗酸化作用があることで知られています。
脂溶性の抗酸化物質のため血液で溶けずに肝臓まで届いて効果を発揮してくれる貴重な成分です。
肝臓で増えた活性酸素を除去して酸化を防ぎ、肝臓の働きを助けることで肝臓機能が活発になり悪酔いや二日酔いを防いでくれます。

ウコンには二日酔いを予防してくれる春ウコン、クルクミンを多く含んだ秋ウコン、胃を元気にしてくれる紫ウコンの3種類があります。
秋ウコンに含まれているクルクミンには悪酔いや二日酔いの原因となるアセトアルデヒドの分解を促進する効果があります。
また胆汁の分泌を活発にする効果もあり、肝臓の働きを助けて肝臓機能の回復をしてくれます。
セサミンと同じく強い抗酸化作用もあるため、身体に増えすぎた活性酸素を除去して老化を防ぐ効果もあります。

セサミンとウコンは同じように肝臓の働きを助けてくれる効果があるため、一緒に摂ることで相乗効果となり肝臓を元気にしてくれます。
また飲酒の前に摂ることで肝臓の働きを活発にして、悪酔いや二日酔いを防ぐ効果が期待できます。

他におもしろい組み合わせとしてセサミンと明日葉のサプリがあります。